面倒な作業はお任せの
業務アウトソーシング(BPO)

経験・ノウハウ 安心・安全・信頼性 ITシステムアウトソーシング 人事給与業務アウトソーシング

JOEならではの
人事給与業務アウトソーシングサービス

当社は人事給与専門のITベンダー&アウトソーサーです。当社では、給与計算・賞与計算サービス、住民税更改サービス、年末調整サービス、マイナンバー収集サービスなどの人事給与業務アウトソーシングサービス(業務代行)をご提供しています。毎月の定型業務や繁忙な季節業務を、人事給与専門の当社にアウトソーシングすることで正確な事務処理と業務の平準化が図られ、お客様は本来なすべき採用や教育、人事戦略といった主要業務に注力することができます。

  • JOEならではの個別対応力、システム化できないイレギュラー事務にも対応
  • 専門家によるスピーディで正確な事務処理。定例業務・季節業務を平準化
  • 文書化により属人化を解消。業務そのものを見直し、改善をお手伝い

人事給与業務アウトソーシング(BPO)のメリット

メリット1 業務の平準化・主要業務への集中

毎月の給与計算・賞与計算、入退社や異動の処理、年末調整など、人事部門の作業はある特定の日や時期に集中するものです。そうしたルーチン作業に時間を取られ、ともすると採用や教育、人事戦略といった重要な仕事に手が回らなくなりがちです。このようなノンコアな作業をアウトソーシングすることで、業務の平準化が図られ、お客様は主要業務に注力することが可能になります。

メリット2 給与計算業務の正確性と継続性

働き方の多様化の進展に伴い、毎年のように法律や税制が変わっていきます。こうした法改正を理解し、システムを熟知して、正確に給与計算を行うことは、人事部門担当者にとって大きな負担となっています。人事給与業務をアウトソーシングすることで、専門家の知識やスキルが活用でき、給与計算業務の正確性と継続性が確保されます。人事給与担当者の休暇や突然の退職による欠員でも、滞りなく業務を継続することができます。

メリット3 情報セキュリティ・災害対策(BCP対策)

給与計算には個人情報が必要ですが、その取扱いは個人情報保護法やマイナンバー法で厳しく規制されています。給与計算やマイナンバーの管理などを外部委託(アウトソーシング)すれば、情報漏えいのリスクを減らせます。また、万が一自社が被災した場合にも、通常どおり業務を継続できるので、事業継続対策(BCP:Business Continuity Plan)となります。

PICK UPコラム 間接業務をアウトソーシングする企業が増えています

給与計算や住民税更改、年末調整といった業務は、税金や社会保険などの専門的な知識が必要でありながら、生産的ではない「間接業務」と言えます。人事部門が本来注力すべきなのは、採用・育成、制度設計・組織戦略などのコア業務であり、間接業務に多くのリソースを割くのは非効率であるという考え方が広まりつつあります。

そこで注目されているのが、間接業務のアウトソーシングです。IT技術の進歩と浸透に伴い、場所や時間を問わずに必要なサービスを利用できるようになったため、間接業務のアウトソーシングに踏み切る企業が増えています。

アウトソーシングについて、「外部と連携するのが難しそう」「個別対応できず、かえって手間が増えるのでは?」とお考えかもしれませんが、そんなことはございません。JOEでは毎月約1,000社、23万人の給与処理実績があり、お客様ごとに柔軟に対応する「オーダーメイドの業務アウトソーシングサービス」をご提供しています。ぜひお気軽にお問い合わせください。