コラム

  1. TOP
  2. コラム
  3. 勤怠管理
  4. 勤怠管理において打刻はなぜ必要? 正確な打刻管理を実現する方法とは

勤怠管理において打刻はなぜ必要? 正確な打刻管理を実現する方法とは

勤怠管理における「打刻」とは、従業員がそれぞれの出退勤時間を記録することです。従業員の労働時間の管理、給与管理に欠かせないものであり、企業には正確な打刻管理ができる体制づくりが求められます。

今回の記事では、勤怠管理における打刻の必要性や、正確な打刻管理を実現する方法について説明します。

目次

勤怠管理における打刻の必要性とは

まずは勤怠管理において、なぜ打刻が必要なのかを整理していきましょう。

そもそも打刻とは何を指す?

勤怠管理における「打刻」とは、従業員が出勤時間・退勤時間を記録することを指します。また、企業によっては出退勤時間だけでなく、休憩時間にも打刻を必要とする場合もあります。

記録する手段は、タイムカードや勤怠管理システムなど、企業によってさまざまです。企業は従業員が打刻した内容に合わせ、労働時間の管理や給与の支払いを行うことが求められます。

打刻の目的と必要性

出退勤時間を打刻する目的は、従業員の正確な労働時間を管理するためです。企業が従業員の労働時間を正確に管理しなければならない理由は、一つではありません。

まず企業は、従業員に勤務時間に合わせた給与を支払う必要があります。残業代に関しても、従業員が働いた分は必ず給与に反映させなくてはなりません。正しく給与を支払うためにも、従業員の正確な労働時間を把握することは不可欠です。

また、打刻は法律やルールを守った勤怠管理を行うためにも必要です。勤務時間が法律やルールの上限を超えていないか管理することは、企業側の義務でもあります。

このように、企業にとって勤怠管理における打刻は、従業員が安心して働ける環境づくりに欠かせないものです。

正確な打刻管理を実現する方法

ここからは、正確な打刻管理を実現するための方法を2つご紹介します。

勤務形態やルールに合わせた打刻方法の検討

打刻方法は「表計算ツール」「タイムカード」「ICカード」「勤怠管理システム」など、さまざまです。検討する際は、自社の勤務形態やルール、希望に合ったツールを選ぶことをおすすめします。

現在は、働き方改革やテレワークの普及に伴い、働き方も多様化しています。オフィスに出勤する頻度も、企業や従業員ごとに異なるでしょう。そうした中でも正確な打刻管理を行うためには、自社の勤務形態や就業規則に合わせたものを導入することが大切です。

例えば、従業員がほぼ毎日出勤し、ICカードを保有しているという場合は「ICカード」での打刻が便利な場合がありますが、テレワークが主の会社にとっては不向きといえるでしょう。

勤怠管理システムの導入

正確な打刻管理を実現する方法としておすすめなのが、勤怠管理システムの導入です。

勤怠管理システムを導入すれば、企業の勤怠管理に関する業務をWeb上で一元的に行うことができます。従業員それぞれのパソコンやスマホから打刻ができるため、正確な勤怠時間の把握にもつながります。打刻情報をもとに、従業員の勤務日数、勤務時間、残業時間などの自動集計も可能です。

また、勤怠管理システムの中には、打刻ミスや不正を防止するためのアラーム機能を備えたものもあります。時間を偽って打刻したり、本人以外が打刻したりする「不正打刻」を防止できるのも、勤怠管理システムならではのメリットです。

正確な打刻管理ならJOEの勤怠管理システムがおすすめ

従業員の正確な打刻管理を実現するために特におすすめなのが、JOEの勤怠管理システムです。最後に、JOEの勤怠管理システムが最適な理由をご紹介します。

働き方改革への対応

JOEの勤怠管理システムは、フレックス勤務やテレワーク、変形労働など、働き方改革によって多様化する働き方にも柔軟に対応いたします。会社の規模に関わらず、業種・業態に応じてカスタマイズが可能です。独自の就業規則や複雑な勤務形態にも対応したシステムを構築いたします。

チェック作業の代行

JOEが提供する勤怠管理システムは、従業員の打刻における不備が見つかれば、システムが自動でアラート通知するチェック機能を備えています。

不備があった従業員には、システムにログインした際にアラートが表示されるため、見逃す心配がありません。また、エラーを解消しない限り勤怠締めができない仕様となっていることから、不備があった場合に即時対応が可能です。

チェック作業の代行機能によって、打刻ミスを見過ごすことを防止しながら、業務効率化にもつながります。

従業員の正確な勤怠状況を把握するためにも、打刻管理は欠かせません。さまざまな打刻の管理方法の中から、自社の勤務形態やルールに合ったものを選ぶことが重要です。

勤怠管理システムの導入を考えている場合は、JOEのサービスをご検討ください。JOEの勤怠管理システムは、それぞれの企業の勤務形態に合わせ、最適なシステムをご提案いたします。簡単な操作での出退勤打刻や各種申請ができるシステムの実現が可能です。詳しいサービス内容については「勤怠管理システム」のページをご確認ください。

この記事をシェアする

関連するサービス

勤怠管理システム

働き方改革をしっかりサポートする勤怠管理システムです。各種申請・承認機能も搭載し、柔軟な勤務形態にも対応。

詳しく見る

この記事のカテゴリー

この記事のタグ

関連記事

    • 2024.04.15 勤怠管理

      労務管理・勤怠管理・就業管理の違いは何? どう使い分ける?

      • 基礎知識
    • 2024.03.15 勤怠管理

      就業管理における課題とは? 解決方法について解説

      • DX
      • 人事システム
      • 業務効率化
    • 2024.03.15 勤怠管理

      勤怠管理の問題点とシステム化による改善方法や業務効率化

      • DX
      • 人事システム
      • 業務効率化
    • 2023.10.04 勤怠管理

      就業管理とは? 勤怠管理との違いやシステムの選び方について解説

      • DX
      • 人事システム
      • 業務効率化

カテゴリー

勤怠管理の
人気記事

  • 2024.04.15 勤怠管理

    2024年問題で残業はどう変わる? 物流業や建設業での問題と対応方法

    • 基礎知識
  • 2024.04.15 勤怠管理

    介護・医療業ならではの勤怠管理における課題や注意点

    • 基礎知識
  • 2024.03.12 勤怠管理

    労働時間は1分単位での記録が原則? 労働時間把握の義務とは

    • DX
    • 人事システム
    • 業務効率化
  • 2024.04.15 勤怠管理

    運送業・物流業における勤怠管理の課題とは? 2024年問題の対策も解説

    • 基礎知識
  • 2024.03.15 勤怠管理

    勤怠管理の問題点とシステム化による改善方法や業務効率化

    • DX
    • 人事システム
    • 業務効率化

タグから探す

お電話でのご相談